CCDAの受験についての見方


CCDAの受験についての見方
日曜日にCCDAのテストを受けてきました。

合格点が825点なので、846点でぎりぎりパスしました。

アナリシス、モデル、プランはCCDAで問われる三つの要素です。

CCDAはCCNAのようにルータを設定するSimulationはないのです。そしてCommand入力問題もなっかたです。

各Categoryについての要点をまとめています。CCDA受験を考えている人に役立つと思います。

アナリシス:

㈠Network築造時の技術的な要件のアナリシスと設計書を作る時の技術的な要件のアナリシス

例を挙げて:24アワー365日Network通信できることとかNetworkの帯域を十分に確保することなど。

㈡設計書を作る時Businessの要件のアナリシス:お客の予算、導入までの日子、Security Policyと言った部分を含めます。

㈢既存のNetworkについてのアナリシス:既存のNetworkの問題点に対するインプルーブ方法とProtocolなど

㈣ 文書化する時の注意

モデル:

㈠Protocolについての了解:OSI7階層、Cisco3階層、IPv4/v6、Routing protocolの機能や挙止、VoIPの機能や動作、関連する機器の機能、SNMPについてのこと。

㈡Ciscoルータについての了解:ルータに実装されているProtocolや機能

㈢Enterprise複合Network Model:それぞれのmodelの働きや接続関係についてのこと。モデル図を覚えてお いたほうがいい。

プラン:

プラン立案と実施についての了解

例えば:プラン立案順番、試験方法と試験仕様についての名前や実施方法。

詳しい実装手順(Command入力など)という質問はCCDAの試験でほとんどないのです。

要するに試験問題は下記のとおりです。

Protocolの仕様や、Ciscoルータに実装されているProtocolの機能や挙止、設計書を作るための要件定義方法、試験手法の使い方、Security Design Methodといった築造よりもDesignやConsultingに関する問題があります。

CCDAを順調に取得したいなら、これしかじゃないかもしれませんね。

そして、CCNAはCCNPやCCDPを取るためには必要なのです。

CCDAとCCNAは方針がまったく違うので、また1から努力します。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED