mcdstの下の資格のmcdを受験した


mcdstの下の資格のmcdを受験した
昨日、会社をお休み、マイクロソフトが主催するMCP(Microsoft Certified Professional)の試験を受けてきました。(この前の資格体験はずっと前のことでした、ちょっと慣れないかな)これはMCDSTの下の資格です。

ところで、MCPについての詳細は下記のURLを参照ください。

http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/mcp/default.mspx

私が受験したのは、

70-271:Supporting Users and Troubleshooting a Microsoft Windows XP Operating System

です。これはMCPの約40類試験の一つです。ちなみに、一類試験に合格すれば、MCPになれるそうです。

MCP教科書(俗に赤本と呼ばれている)は私の参考書として、勉強してきました。 これは有名な翔泳社から出版された本です。

最初は約450ページと言う分厚い本も読めるか、と思いましたが、実際には半分のページでした。残りのは70-272の分ですから。と言うわけで、最後は何とか頑張って読み終わりました。

WindowsXPを日常的に使用していますが、知らないことがまだたくさんあるというのは案外です。

例えば、HomeとProfessionalの違いについて、名前と値段以外に、他のこともあったというのは分かりましたし。(常識から言えば、当たり前のことですが。)

そんなアホな子でしたが、赤本を読んで2週間後、試験をチャレンジしてみました。

本当はもう少し時間をかけてじっくり勉強したほうがいいと思ったのですが、ちょうど今MCPの試験は初回目の試験で落ちた場合に、2回目の受験料が無料になるキャンペーンをやっていたので、初回目は万一落ちたらと言う場合を考えて、今回の試験をチャレンジしてみました。

随時に試験が受けられて、試験方法はパソコンを使って実施するわけです。これは前に受けた「.com Master ★ 2008」と同じタイプです。

では、早速試験問題を見てみると、うは、全然分からないという感じでした。

赤本から出題された問題は1/4弱ぐらいで、結局自信のある答えは半分ぐらいだと思います。残りの半分は全然分かりません。

やはり参考書だけでは足りなく、問題集なども買ってきて勉強したほうがよいと思います。

1年生ですけど、とりあえずチャレンジしました。

結果はまだ。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED