計算問題を含み、200問あるpmp 試験のポイントは


計算問題を含み、200問あるpmp 試験のポイントは
先日、PMP試験に合格しました。これから自分の経験で、試験時のポイントを紹介します。

まず、集中力を維持しなければならないです。200問の問題が、4時間以内に完成するとのことで、4時間という試験時間はかなり長いと思います。ですから、試験中、集中力の維持が必要です。

そして、他の問題の答えがある問題の内容に隠れている場合があるので、良く気を付けば、この隠れていたヒントが見つかれると思います。

また、計算問題は別として、他の困った問題に会ったら、例えば問題文の意味が分からないので、ずっと悩んでいるとか。こういう場合では、その問題を一応簡単に答えて、次の問題に進みましょう。これは、一度一つでも問題に悩み始めると、きりがないので、あっと言う間に時間がなくなる恐れがあるからです。私の場合は、全部の問題が解答済みまで、1時間しか残りませんでした。

最後は、答えに自信がなければ、最初の直感を参考してから、答えるのはいいではないでしょうか。

正直言えば、私も50問くらいの答えに自信がありませんでした。

試験感想と言えば、受験のために、PMPについてのことを勉強しました。この勉強したことはまるで

プロジェクトを成功の道へ導くための秘方みたいです。

実務には、PMIの考え方で貫かない場面も多かれ少なかれあると思います。全ての状況において、正しいことや急いでいることを良く理解してから、プロジェクトを成功に向けて、やり繰りできるプロジェクトマネージャーになることが大切だと思います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED