IT資格 UML試験(OCUP)意味と解説


IT資格 UML試験(OCUP)意味と解説
IT資格であるUML技術者資格試験(OCUP)について解説します。

UML技術者資格試験とは、オブジェクト指向技術の標準化団体であるOMG(Object Management Group)が実施している認定試験であります。目的はシステムにモデル化させるためのモデリング言語であるUMLに関する知識をめぐって、UMLに対する理解の度合いを測定し、UMLを利用する技術能力を認定します。

実際に行われているUML試験は、3つの段階に分けています。これは「ファンダメンタル」「インターメディエイト」「アドバンスト」という3段階であります。そして、この順番のままで難易度はだんだん高くなります。ここで注意しなければならないのは、インターメディエイト後の認定には必ずその前の段階の試験に合格することであります。

テストの主な内容については、UMLを利用するために必ず理解すべき基本的な専門用語から幅広く出題されます。例えばUMLの定める表記法、UMLを構成するクラスや関連のモデル要素の意味、実際にモデルを記述する能力等々であります。なお、UMLの言語設計に関する知識なども問われます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED