日本語版LPI の試験日などの情報の発表


日本語版LPI の試験日などの情報の発表
日本語版LPI の試験日などの情報の発表

カナダLPI(Linux Professional Institute)は全世界でLinuxエンジニアの技術レベルを認定する非営利団体であります。2000年10月30日LPI Japan(事務所:東京都渋谷区)が開設されて、日本語で試験を受けることができるようになると同時に、11月13日から認定試験を開始することも明らかにされています。

LPIの試験は3つのレベルがあります。また、それぞれのレベルは2科目に分けられています。今のところ日本語で受験できるのは最も容易なレベル1でしかないが、レベル2とレベル3は2001の中ごろにこの範囲に入れる予定です。

試験は試験代行業者に託して、全国でコンピューター・スクールなどの48ヵ所で会場を設けて試験を行います。他の認定試験と違って、試験日は特定していません。受験希望者は自ら申し込んで、LPIのサーバーから試験問題を送ってもらってテストします。受験料は1科目ごとに15,000円です。

LPIは、どこの何のベンダーやディストリビューターにもかかわらない独立の存在であり、世界に認められている共通基準による試験を行うのは特徴です。これは、Linuxの技術者とLinux関連会社に技術のレベルをテストしやすい方法を提供するだけではなく、Linuxのェンジニアに世界に認定される資格を取得するという明確な目標も与えています。

 LPI Japanでは、最初の一年間で受験する人は2000人と見られるが、今後の3〜4年間で30000人に達する見込みです。

30日にまた、LPI日本はプラチナスポンサーである日本SGI(本社:渋谷区東京都)等9社を発表しました。 LPI日本の運営費用は全部スポンサーからの寄付です。これからもスポンサーの募集を続ける予定です。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED