IT系の資格の一つ、費用などを含む情報処理技術者資格概要を紹介する


IT系の資格の一つ、費用などを含む情報処理技術者資格概要を紹介する
情報処理技術者資格はIT系の資格の一つです。その資格の目的は次の通りです。

情報処理技術者が示した目標を目指し、与えられた刺激により、その技術を向上します。

情報処理技術者が必要な能力に関するレベルにより、学校や職業、企業内などの機関における教育のレベルを確実に保証します。

情報処理技術者が情報技術を利用する企業、官庁などの機関に採用される際に、役立つよう客観的な評価の基準を提供します。これを通して、情報処理技術者の社会地位が確立するということです。

情報処理技術者試験には、基本情報技術者、初級システムアドミニストレータ、とソフトウェア開発技術者があります。それらの試験範囲が幅広くので、浅い勉強傾向があるため、深く学ばなくても、合格が比較的にしやすいようです。

ところで、情報処理技術者試験についての概要を紹介します。情報処理技術者試験の場所は主要な都市に設置し、時期が区分により違います。取得期間が受験者の努力に次第ですが、この資格を目標としたら、約1年くらいかかると思います。受験費用は5,100円となります。この試験の受験資格が特にないので、誰も受験できます。しかし、合格率についての情報は不明です。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED