ccie 勉強方法に関する


ccie 勉強方法に関する
CCIEの勉強方法について話したいと思います。

必須

workbook

私はIEWBを使用しました。君たちは、もし他のものを持っていれば、それがいいかもしれません。

大体Vol.1を3周位、Vol.2を1.5周位、Vol.3も1.5周位やりました。目標として、SwitchingとIGP、 BGPを簡単に解ける段階に狙うのがいいと思います。

自分の経験から見れば、Vol.2、Vol.3で分からないところがあったら、Vol.1を見直すと、よく理解できると感じます。

研修

私は研修に行く費用が会社から支払いましたが、自分でその費用を支払うのがつらいと感じます。

GlobalKnowledge研修のIBSとDPTは素晴らしい内容と感じましたが、家でも2周位やり直しました。

IEWBを自分なりに何Labかやってみてから講義を受けると、よく理解すると思います。

分からないところがあったら、どんどん質問して、繰り返して復習し、実際のLab Examにいい点数を取れると思います。

自宅ラボ

これが一番重要だと思います。

私は実際の機器で確認することが信じますが、他にあまり信じません。それで、頭を使って、手を動かすことが必要だと思います。そして、IEWBの構成を再び現す場合、たぶん構築には1ヶ月か2ヶ月かかると思います。定期的にYahoo!オークションを覗く癖や、気に入るの人を見つけておくと、簡単に集めると思います。

オプション

書籍

私は本をあまり読まないですが、必要な時、必要な部分しか読まないです。

CCO

何といえると、どこか何が書いてあるか分かる段階までは熟読することが必要です。

しかし、試験を受けるとき、何回も読んでいる方は合格できないこともあります。

Dynamips

IEWBのVol.1をやったとき、すごく役に立ちました。Dynamipsのだけでは、Catalystのエミュレーションが

できないこと、HardwareのTroubleshootingが出来ないから、必須ではないと思います。

自宅ラボと一緒に使うのがいいと思います。

そんな感じでしょうか。

しかし、以上の内容は私の場合だから、合格を保証できないので、すみませんでした。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED