MCAS スクールに参加し、試験に合格の確率はもっと高い


MCAS スクールに参加し、試験に合格の確率はもっと高い
MCAS(Microsoft Certified Application Specialist)とは、オフィス 製品のアプリケーションを総合的に使いこなせる技術を認証する資格です。

オフィス 製品はMicrosoftのWindows Vistaや、Office 2007製品(Word・Excel・Access・PowerPoint)などが含まれています。

MCASは実務で要求されるいろいろな技術や専門知識を客観的に測定が可能です。世界中で資格取得試験が実施されています。

「Microsoft Office Specialist」はOffice 2003製品についての技術を認証する資格です。しかし、2007になったため、製品バージョンと資格内容が若干変更されました。結果としては、今回の新しい資格「MCAS」になりました。

資格を取得する方法はたくさんあります。例えば、様々な参考書があるので、独学で可能できること。また、講座とか、ゼミナールとかを参加し、勉強できること。より簡単に試験に合格するために、試験対策などの学習を実施するスクールで勉強するのは一番良い方法でしょう。今、資格試験を行うスクールは多く、最も近い会場で資格試験の申請を行うことができます。

MCASには、各アプリケーションの科目の他、Windows Vistaの機能や知識を問う科目も含むから、資格試験の科目を全部合わせて六つあります。

尚、資格は1科目ずつに認証されます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED