mcasの学習方法について


mcasの学習方法について
マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(MCAS)の学習方法について

マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(MCAS)のテスト対策には、「対策教材を購入して自分で学習する」「学校やパソコン専門学校での対策講座を受講する」などの方法があります。

対策テキスト

マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリストには、公認教育用ソフトウェアとして認定されたさまざまな対策教材が用意されています。

オフィス 2007対策テキスト一覧

公認対策テキスト 最新情報

公認教育用ソフトウェア

MCASテスト範囲の内容を含めているテキストであることをマイクロソフト社が審査、認定したものです。

対策コース

「自分で学習するのが不安」「学校でしっかり勉強したい」という方は、テスト会場の中で対策コースを実行している会場を探すことができます。また、コース内容に関しては、実行している各学校まで直接にお問い合せください。

テスト会場検索画面の「詳細に検索する」を利用して、対策コースの有無をチェックできます。

オフィス 2007の対策コース実施措置を検索する

また、 奨学金制度を利用できる対策コースの実行会場は下記のようにご参照ください。

奨学金対象 対策コースが実行する学校一覧

奨学金制度について説明します。

Odyssey Communicationsが運営するウェブサイト『アオテン』経由で対策コースへアプリケーションして、受講が終わると、コース料金により最高5万円の奨学金が支給される制度です。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED