基本となるccnaとピアソンvue試験


基本となるccnaとピアソンvue試験
シスコのエンジニア認定人数は8万を突破!

業界の圧倒的なシェアを保有するシスコ製品を扱うことができるのはネットワークエンジニアの前提条件です。 「ネットワークエンジニアの資格=シスコ技術者認定資格」と呼ばれるほど、実績と人気の高さが自慢なのです。

シスコエンジニア認定資格を取るために、シスコ認定教材を通じて、独学やE-Learningなど色んな形式で訓練のやり方が提供されています。その中には、シスコ認定ラーニングパートナーが実施され、各認証資格ための推奨トレーニング受けるのが早道だと言ってもよいでしょう。

日本では1994年にCCIEが始まり、1998年、ccna、ccnp、ccdaが始まりました。優れたネットワークエンジニアに備わるテクニックをレベルごとに認定し、世界的な技術者認定制度です。実務に基づく認定試験を考慮しており、適切な答えをセレクトする問題の他、実用的な能力を測るシミュレーション問題もあります。

 ccnaはシスコ技術者資格を認定することにおいて基本資格です。プロフェッショナルレベルの資格を取ることには、CCNAが必要な条件となっています。

5月1日〜31日までの間に、全国のピアソンvue試験センターでシスコ技術者認定試験をお受けになる方の中からの抽選で、20名の方にシスコシステムズロゴ入りオリジナルグッツを無料でサービスいたします。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED