ITIL合格者の体験記


ITIL合格者の体験記
ITIL合格者の体験記

テーマ:  ITILのファウンデーション

非常に長い文章になりますが、私は合格するまでの体験記を書いていこうと思います。これから、 ITILファウンデーションの受験を考えている方々にとって、この情報は少しでも参考になれば幸いです。

次のカテゴリでまとめます 。

1、受験動機

2、学び方法

3、テストの概要

1、受験動機

気のせいか、最近本屋で「ITIL」の文字を目にすることが多くなり、気になって仕方はありません。ネットで少し調べたら 「ITサービス管理」というフレームワークを理解して、興味が湧いてきたからです。

2、学び方法

ITILについて何でも分からないから、独学は厳しいと思います。最初に訓練を受けた後、受験しようと思いました。

インターネットでたくさん調べたところ、ほとんどは2、3日ぐらいの訓練を受けた後、試験を実施するケースです。

それに、料金は10万円から15万円までです。これはまさに予算オーバーです。

私は1日間のトレーニングコースで、テストすることができるのを発見しました。

費用は68700円(受験料込み)と非常に合理的です。

また、不合格なら、無料で再訓練コースを受けられます。

でも、受験料は別にします。

すぐに申し込みました。

申請は訓練の1週間前でしたが、次の日に、私は予習用の「 ITILの概要」、「 ITインフラストラクチャライブラリの指導」、「ITサービスマネジメント用語集」が送られてきました。 1通り目を通したが、ぜんぜん分かりませんでした。 それでも、予め、各プロセスの役割とITIL独特の用語を覚えました。

3、テストの概要

テスト名: ITILFoundation Ver.2 (国際的な認証)

合格基準: 40問のうち26問以上が正解 65%以上の正解率

制限時間: 60分

受験料: 20160円(税込)

合格率: ほぼ80パーセント

テスト団体:ピアソンVUE EXIN

上位資格としてITIL Practitioner(今日本語受験無し)とITIL Managers(日本語受験可能)二つがあるようです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED