CCNP取得への道(受験順序について)


CCNP取得への道(受験順序について)
CCNP取得への道(受験順番について)

CCNP資格4科目の受験順番について説明します。

CCNP資格取得するためには、CCNA資格を得てから、BCSI、BCMSN、BCRAN、CITあわせての四つの試験にパスしなければなりません。この四つの科目をどういう順番で参加したらいいか、以下の順番を薦めます。

BCRAN→BCSI→BCMSN→CIT

BCSIとBCMSNの順序はどちらが先でもOKです。トラブルシューティングはBCRAN・BCSI・BCMSN全部の知識をテストしますので、CITは一般的に最後の試験とします。ということで、なぜBCRANから始まりますか。理由は下記の通りです。

1.BCMSNのテスト内容にQoSがあります。

2.BCSIのテスト内容にNATがあります。

よって、BCSIとBCMSNではそれぞれNATとQoSをテストします。しかし、NATとQoSに関する知識を詳しくテストするのはBCRANです。BCRANを先に受験し、NATとQoSの知識をしっかりマスタすれば、BCSIとBCMSNの準備も簡単になります。

3.CCNAのテスト内容にISDNやフレームリレーがあります。

よってCCNAで勉強した知識を活用できます。CCNAの知識がまだ忘れていないうちに、BCRANを勉強すれば、楽に習得できると思います。

順番は人によって異なりますから、ぜったいその順番で受験するわけではありません。但し、それぞれの科目内容を把握し、自分に相応しいスケジュールを立ち上げるのは重要です。ただ、BCRANで中心に習得する知識をBCSIとBCMSNでテストしますので、私はBCRANから受験したほうがいいと思っています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED