新たな初級技術者向け認定資格「CCENT」の導入・申し込み


新たな初級技術者向け認定資格「CCENT」の導入・申し込み
アメリカシスコシステムズは2007年6月に同社の技術者認定プログラムに、新たな初級レベル認定資格「CCENT(Cisco Certified Entry Network Technician)」を加えると同時に、現在執行されているCisco CCNA認定資格の拡充について発表しました。さらに、カリキュラムと認定試験の多言語化を計画に組み入れており、これによって、ネットワーキングに対応するための技能に関する世界的なニーズを満足させます。

今日のネットワークが、経済成長、企業の間における協力機能、個人の交流手段など広く社会をサポートする状況において、ネットワーキング技術者の重要性が向上しています。IDCでは、2012年までに専門的なネットワーキング技能に対する需要と供給の差は40%に達すると見込まれています。それゆえに、シスコシステムズでは、主として教育プログラムや認定プログラムに投資し、優秀なネットワーキング技術者の育成に取り組んでいます。

CCENT認定資格はネットワーキング業務を従事する技術初心者を対象に、新たな認定を行ううえ資格を提供します。初級レベルのネットワークサポートするために必要とする内容をカバーしており、その目的としては、CCNAを目指すステップにおいても基本的なネットワークを正確に建設し、検証技能を習得することです。さらに、既存のCCNAカリキュラムを修正し、より多くのネットワーキング内容を包括し、パフォーマンスに基づく技能に注目するようになりました。今回の拡充により、この認定資格の申し込みは、技術者にとってIT求人市場の差別化の実現にプラスとなるでしょう。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED