IT資格についての難易度(レベル)


IT資格についての難易度(レベル)
ここは資格の種類と検定情報に関するサイトです。今回は、IT資格の難易度(レベル)の程度について、紹介させてします。

例えば、普段、家でパソコンを使用する程度ならば、IT資格などはそんなに必要はありません。けれども、ITに関わる企業で務めているとか、就職や転職のため、是非とも、ITの資格取得をしなければいけない、と言ってもよいでしょう。

IT資格には一体どんなものがあるのか、資格の難易度もどんな程度なのか、と言うIT資格の難易度について説明させていきたいです。

ITの利用者としたら、普通にパソコンを使うことができ、パソコンを通して、普段の業務ができるほどの資格はMOS一般、及びP検3級だと思います。

普通にパソコンが使えれば合格できるのは当然のレベルでしょう。

簡単ではないと感じても、対策本とか、参考書とかかなり多いです。それらを利用して学習すると合格できます。ですから、難易度が低いと思います。

ITの職業に関わるスペシャ リストとしたら、CAD利用技術者2級、DTP検定2種、VectorWorks技術能力認定、アドビ認定エキスパートくらいの試験にパスするのは当たり前でしょう。

この難易度も低いと思います。

ところで、今、開発者レベルに向けの資格としたら、難易度も徐々に上昇してきます。

2005年から、プロフェッショナルの最も上位資格が開始しましたが、これはExcel、wordとAcceを含めているオフィスシステムのVBAの知識を身につけることを確認する資格です。しかし、これについての対策本や参考書などの資料が多くないし、難易度もとても高い資格だと言われています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED