LPICレベル2について


LPICレベル2について
「LPICレベル2」というのは、「アドバンストレベルLinux専門家」を認証する資格テストであります。

Linuxによるシステム構築とネットワークを構築をしたリするLinuxの実用できなシステム管理やサーバ構築ができるために広い分野の知識が必要です。

LPICレベル2に認証されていた場合では、Linuxによるシステム構築とか、ネットワーク構築などができる技術の専門家として働くことができます。

それに、次のLinuxを用いたシステム管理やサーバ構築についての技術てきな指標を確かめることができます。

Linuxシステムのプラン、実装、メンテナンス、およびトラブルシューティンができるかどうかの実力を考査できます。

カーネルからネットワークについての事まで、管理、開発/修正、構築を行う上での前提知識をチエックできます。

実務に直接に関連する内容なので、お客様に対しては豊富な知識を持っているエンジニアとする保証になります。

LPIC認定エンジニアは、Linuxサーバ環境の構築・運用・メンテナンス、SE営業職業、ITトレーニングインストラクター、ネットワーク運用管理・ネットワーク機器メンテナンス、ユーザへの支持、Linuxや組込み系のソフトウェア開発業務など、幅広い種類の職業で働けます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED