mcas 合格ラインについて


mcas 合格ラインについて
Mcas受験対策といえると、まずExcel2007から話したいと思います。

日経BPソフトプレスの「マイクロソフト公式 Microsoft Certified Application Specialist攻略問題集 Excel2007」という教科書を準備することが必要です。

この教科書は実際の試験の評価項目ごとに単元がまとめられていて、効率的に勉強ができます。

そして付属のCDをインストールしたら、たくさんの種類の模擬試験を実際と同一の形で受験できるし、手始めに片端からページをめぐり、内容を読み進めていきます。

前から、Officeソフトに関する知識は自分で勉強しましたので、実際、自分の使った部分だけよく理解したと感じました。

しかし体系的に勉強していくと「ほぉぉぉ!」や「へぇぇぇぇ!」という声を思わず連発しました。

「こんな機能があれば、あの表はもっと簡単にできるじゃないか」とたびたび思います。

「きちっと受講すると、WordやExcelなど効率的に使用できるよ」ということは、平日顧客と話している時、改めて実感しました。

夏から秋まで仕事が立て込むので、学習はしばしば中断されました。

この前、教科書での勉強は終わりましたが、後一週間くらい模擬試験を中心にまとめていこうと思いました。

しかし、私は白紙というものに怖いので、模擬試験の一問目から失敗しました。

それは問題文の表現がわからないのです。

受験するとき、それぞれの機能がどこにあるかも思い出せないので、 こうしている間にタイムアップしました。

結局、採点結果は合格ラインと相当てきに遠いです。

この結果に自分でも信じられないです、せっかくの受験費用が無駄になってしまいました。

もう一回力をこめて、模擬試験に挑戦しました。内の専務の手助けも借りて、何回目にだんだん勘を取り戻して、

合格ラインに達しました。

すぐ模擬テストでは満点の1000点に達しました。

(それは同じの問題を繰り返して解いているだから当たり前のことだと思います)


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED