CCNA試験過去門題


CCNA試験過去門題




CCNAテストの過去門題−CCNA(Cisco Certified Network Associate)のあらすじ

Cisco ccna Network Associateはインターネット関係資格認定のひとつとして、Cisco CCNA、Networkに繋がる認証とされています。リモートサイトのWAN接続の実装および検証を含め、2種類のNetwork、即ちスイッチドNetworkおよび中規模ルーテッドNetworkの取り入れ、設置、運営、および故障解決能力を持っていることが証明されます。

この新しいコースには、セキュリティへの脅威に対する基本的な措置、無線Networkのコンセプトと専門用語のイントロクションなど、様々な実用的な技術を含めています。

それに、プロトコル分野にも使われています。例を挙げると、IP、VLAN、イーサネット、アクセスコントロールリスト(ACL)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Serial Line Interface Protocol(SLIP)、フレームリレー、Routing Information Protcol Version2(RIPv2)など、結構使われています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED