CCNP新試験の注意事項


CCNP新試験の注意事項
CCNP新試験の注意事項

CCNP新試験は12月15日から行われます。

2006-9-9 22時36分18秒 | CCNP

先ほど「CCNPのテスト問題が大きく変わるらしい」という文章を発表しました。

中に「日本での時間予定は近頃に発表されるそう」って書いたんですが,

なんと、早くも発表されました!

新試験の詳しい内容は下記のHPに載ってありますので、ご興味がある方はぜひご覧下さい。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/professional/ccnp.shtml

日本語バージョンの新試験は12月15日から配信スタートです。

現在実施中のテストは来年の三月三十一日を持ちまして終わりです。

続いて、新試験のテストカテゴリーを見ながら注意すべき問題点を記載します。

*BSCI

・CiscoISRを利用したことが評判でした

・マルチキャストがもともとBCMSNでしたが、新試験はBSCIに変えます。

・IPv6の充実

・シングルOSPFが圏外に

*BCMSN

・ワイヤレスLANの追加

・音声VLANの充実

・スイッチのセキュリティ機能(IEEE802.1Xなど)の充実

*ISCW(旧BCRAN)

・セキュリティに特化した内容に

・一部残ったWANはCATVとxDSL。ISDNは圏外に

・MPLS,IPsec,FIREWALL,IPS等の取り入れ

*ONT(旧CIT)

・丸々にQoSに特化した内容に

・完全に別のテストになった

確かに,現在のBCRANは「アウト」という感じがあるし,CITは「中途半端」という感じがありました。

その代わりに、「セキュリティ」と「QoS」がだんだん注目されるようになりました。

今CCIEには「Security」と「Voice」というカテゴリがあるので,

それを考慮すると理解できるかも知れないと思います。

これから心配しないといけないのは自宅ラバーズ的には,これまでの自宅ラボでどこまで対応できることでしょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED