MCAS教材として正式に承認された「公認」教材とは


MCAS教材として正式に承認された「公認」教材とは
MCASはMicrosoft Certified Application Specialistの略語で、Microsoft Office(2007 Microsoft Office system)の使用する技術を認証する資格とされています。今の状況から見れば、転職や就職には必要な資格と言われています。転職希望者や新入社員、学生などの中に人気がとても高いです。

ということで、インプレスグループで株式会社インプレスジャパンは書籍とWebドリルを組み合わせ、新たなタイプの資格対策用の教材とする『徹底攻略ドリル MCAS Excel 2007+Web』及び『徹底攻略ドリル MCAS Word 2007+Web』を2010年2月19日(金)に発行します。本書はMicrosoft softによって、MCAS教材として正式に承認された「公認」教材となりそうです。

いろいろな資格テストでは、ひたすら模擬問題や過去の問題などを解決していくことが合格への最速の方法です。 「徹底攻略ドリル」という本は『より多くの問題を解いて万全の状態で試験に臨みたい』と考える読者のために、書籍に加えて模擬問題をWEB上で提供するものです。本の掲載分と合わせて模擬試験が9回分と当て嵌まる模擬問題を何回も繰り返して、分かるまで勉強できます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED