「実務能力」を評価するCompTIA 認定資格


「実務能力」を評価するCompTIA 認定資格
CompTIAという認定資格は、今使用されている環境や技術の長所と短所を了解して、仕事やお客さんに要求されるものを判断できるIT業務の「実務能力」を公平的に評価するものです。特に現在では、これは「 Service 、 Support & Solution 」を提供するエンジニアの実能力の標準ですけれども、CompTIA 認定資格を導入された多くの企業が評価される「実務能力」をエンジニアの必須能力( =OS )と看做しますが、各製品や自社製品の知識を本来の アプリケーションと考えています。

それでは、どうして実務能力を必須能力だと思われますか?

では、その認定資格試験を受けた方からの意見をそのまま詳細にご紹介を申し上げます。

現在、お客様の間では「セキュリティ」という言語は流行っています。安全対策は必要だと認めますけれども、「なぜか」ときたら、いろいろなお客様の周りの手段をしなければ、みんな様はあまりどんな脅威があるのか理解できないそうです。

実際にエンジニアの方がお客様に接する時に、お客様に質問されると、製品の固有の知識や製品そのものを聞くものではなくて、「どうしたら、うちのセキュリティ対策がいいですか?」とぼんやりとした問題が半分以上を占めるようです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED