MOS(MOUS)認定に関係する「教育給付金制度」の条件


MOS(MOUS)認定に関係する「教育給付金制度」の条件
マイクロソフト(Microsoft)の認定資格であるMOS(MOUS)の受験学習をするためには、専門学校などに通うなら、お金が多くかかるでしょうね。

政府は雇用を促進するためには、MOSなどの資格取得のための受講料に対して、一部の受験料を負担する制度を用意しています。

名前は「教育給付金」と言います。

しかしながら、誰でもMOSテストについて給付を受けられるとは限りません。その前提は、厚生労働大臣が指定した教育訓練を修了することです。

更に、以下のような条件のうちに「いくつか」に適する必要があります。

雇用保険の一般保険者であり、支給要件期間が3年以上となります。

現在は雇用保険の一般保険者ではありませんが、離職翌日から1〜4年以内かつ、支給要件期間が3年以上となります。

MOS講座の受講に必要とする金額の40%が給付されます。しかし20万円の限度額が設定されています。

なお、雇用保険に参加していた期間が3〜5年の場合は、MOS講座の受講に必要とする金額の20%以内が給付されます。10万円の限度額が設定されています。

以後、MOSに向けて専門学校に通うと考えている方は、詳細なことを厚生労働省のインターネットサイトなどで調べてください。

お問い合わは公共職業安定所や役所までお願いします。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED