itilの通称「青本」とは


itilの通称「青本」とは
itilにて、通称「青本」と呼ばれるものは、ITサービス管理の実際業務にて、5つの手順と1つの作用を中心として体系化したものです。具体的な内容は5つからになっています。即ち、構成管理、リリース管理、変更管理、問題管理、インシデント管理と、使用者窓口とするサービスデスクです。

サービスサポートはいくつかの手順を通して、構成されます。具体的言えば、先ずは、「サービスデスク」にて、使用者から提出した障害などの報告や問い合わせを受付し、記録されます。それから、「インシデント管理」を通して復旧対応がされます。そして、元々の原因とその訂正策が「問題管理」により特定されます。「変更管理」と「リリース管理」の機能は、それらの管理を通って、情報システムの本番環境に過渡し、導入されます。最後は、「構成管理」の役目として、ソフトウェアやハードウェアなどの資産情報及び世代情報の変更がアップデータされます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED