米国におけるmcse IT系管理職の年収はおよそ5万6000ドル〜12万ドル


米国におけるmcse IT系管理職の年収はおよそ5万6000ドル〜12万ドル
「ENT」誌と「マイクロソフト認定プロフェッショナル マガジン」誌が実行したIT職業に関する年収アンケートを、発行元である101コミュニケーション社がアメリカ時間8月3日に発表しました。

「マイクロソフト認定プロフェッショナル マガジン」誌のアンケートによると、2000年米国におけるマイクロソフト認定システム エンジニア(MCSE)1人あたりの年収は6万7800ドルです。昨年は6万5100ドルでした。経験が1年未満のマイクロソフト認定プロフェッショナルの基本的給料は万5800ドルですが、年々着実に増え、例えば五年の経験を持つ方では6万ドルになります。

「ENT」誌のアンケートでは、サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)とカスタマー・リレーションシップ・マネージメント(CRM)などに関連する企業間電子商取引の技術を身につけるITプロフェッショナルが高い給料がもらえるといいます。オラクルを操るデータベース管理者、XMLとJavaの知識を持つプログラマの需要も高いです。

ITマネジャーとアドミニストレーターの年収は大体5万6000ドル〜12万ドルです。プログラマとアナリストは3万5000ドル〜7万5000ドルです。ネットワークとWWW アドミニストレーターは4万2000ドル〜7万ドルです。自らの経験や責任に応じて年収がそれぞれ異なります。

企業間電子商取引に関する能力はCIOレベルの年収にもっとも影響を及ぼします。 CIOがSCM導入の決定権を持つ場合、年収は38%引き上げます。なお、企業間電子商取引業務を監督するミドル‐マネージメントは30%以上年収が高いです。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED