CISAの認定を維持するためには、継続教育が必要


CISAの認定を維持するためには、継続教育が必要
  CISA継続教育を実施しなければいけない理由はCISAの認定を維持するためです。

  具体的に言えば、CISAテストにパスしたても、CISAについての情報が中止してしまわないように、いつでも、情報を引き続きに更新する必要があります。と言うことで、CISA認定を取得した方はこの認定を守るために、継続教育(Continuing Professional Education:CPE)が受けなければなりません。

  年間20時間、3年間で120時間が必要になるのは継続教育の決まりです。これを読んだら、多分、“この決まりの計算が合える?”と思われる人がいるかもしれませんですが、、「年間20時間、3年間で120時間が必要」と言う決まりが、120時間が最後の3年間目で一気に全て取っては駄目だという考えてみたら、どうですか。

  つまり、少なくとも20時間を維持した上で、3年間で120時間を確保してくださいという出発点から、規則を作成したのではないでしょうか。そう考えたら、これは良い決まりと言えるでしょう。

  では、どうすれば、この継続教育の時間に合えますか、と言うと、ISACAの主催するセミナーに参加したり、また、継続教育期間中の学習経験を自習したりなどを通して、時間に会えるでしょう。これも継続教育の認定要件に含まれています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED