lpic認定試験レベルー試験番号


lpic認定試験レベルー試験番号
lpic認定試験レベルー試験番号

LPICレベル1

LPICレベル1(LPIC-1)では、Linuxの基本的な操作とシステム運営ができるエンジニアが認定されます。テストでは、Linuxディストリビューションを使えるために、幅広い知識が必要とされます。LPIC-1認定を取るには、101テストと102テストに二つともパスしないといけません。

LPICレベル1テストは、2009年4月から新テストカテゴリーにて行われています。

新しいテストカテゴリーのバージョン: Version 3.0 (Release 3)。テスト内容の詳細は、下記のように、LPI-JapanのHPからチェックできます。

・101テスト (Linux一般1)

・102テスト (Linux一般2)

勉強資料では、「Linux教科書 LPIC レベル1 第4版」(翔泳社)がこのバージョンに対応しています。 

LPICレベル2

LPIC レベル2では、Linuxによるシステム建設、ネットワーク建設ができるエンジニアが認定されます。テストでは、Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を問われます。LPIC-2を取るには、LPIC-1の資格を取ってから、201テストと202テストに全部パスすることが条件です。

LPICレベル2テストは、2009年4月から新テストカテゴリーにて行われています。

新しいテストカテゴリーのバージョンは:Version 3.0(Release 2)。テスト内容の詳細は、下記のように、LPI-JapanのHPからご覧下さい。

・201テスト (Linux応用管理)

・202テスト (Linuxネットワーク管理)

勉強資料では、「Linux教科書 LPIC レベル2 第3版」(翔泳社)がこのバージョンに対応しています。

LPICレベル3

LPICレベル3とは、シニアレベルLinuxエキスパートを認定ものです。LPIC-3の認定は、CoreとSpecialtyのツーステップ分かれています。

LPIC-3 Coreとは、Linuxを利用して、もっと大規模なシステムや多彩な用途向けのシステムの建設ができ、Linuxとディレクトリによる認証システムの建設、システムのシステムのキャパシティプランニングができるエンジニアを認定するものです。LPIC-3 Coreを取るには、LPIC-2の資格を取ってから、301テストにパスすることが必要なんです。

LPIC-3 Specialtyとは、Linuxを利用したシステム建設に関して専門的な能力を持っているエンジニアを認定するものです。現在、LinuxとSambaなどによるマルチプラットフォーム環境の建設ができるエンジニアが認定される LPIC-3 Specialty Mixed Environment と高度なセキュリティレベルを保っているサーバ建設・運営ができるエンジニアが認定される LPIC-3 Specialty Security の両方が提供されています。LPIC-3 Specialty を取るには、LPIC-3 Coreの資格を取ってから、302テスト(Mied Environment)や303テスト(Security)にパスしなければなりません。認定は各業界ごとに実施されます。

LPICレベル3テストのテストカテゴリーのバージョン: Version 1.0 。テスト内容の詳細は、下記のように、LPI-JapanのHPから要チェックください。

・301テスト(Core)

・302テスト (Mixed Environment)

・303テスト (Security)

現在、LPI認定テキスト LATM(LPI Approved Training Material)で、LPIC-3に対応できるものはまだできていません。今執筆中とのことで、2009年上半期中に提供できるよう頑張っています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED