SJCP受験料および申込方法


SJCP受験料および申込方法
SJCP受験料および申込方法

SJC-P(Sun Certified Programmer for the Java2 Platform)

1、Sun Certified Programmer for the Java2 Platform5.0

2、Sun Certified Programmer for the Java2 Platform1.4

3、Sun Certified Programmer for the Java2 Platform1.2

テスト期日 いつでもOK

受験料 1〜3テストいずれも25200円(税込み)

テスト方法 オンライン試験

試験結果 試験終了後直ちに画面に表示されます

試験場所 全国

Sun Certified Programmer for the Java2 Platform5.0(試験番号310〜055)

試験時間 175分

試験形式 多肢選択式・ドラッグ&ドロップ

合格ライン 59%(72問中38問以上正解)

有効期限 無期限

試験範囲 宣言・初期化・スコープ・フロー制御・APIコンテンツ・並行性・オブジェクト指向コンセプト・コレクション/ジェネリックス・Java言語の基礎

Sun Certified Programmer for the Java2 Platform1.4(試験番号310〜035)

試験時間 120分

試験形式 多肢選択式・記述式

合格ライン 52%(61問中32問正解)

有効期限 無期限

試験範囲 クラス定義とアクセス制御・制御文アサーションと例外処理・ガーべジコレクション・Java言語の基礎・演算子とデータのメモリ割り当て・オーバーロード、オーバーライド、実行時のデータ型・スレッド・java.langバッケージのJava言語の基礎・コレクション・フレームワーク

Sun Certified Programmer for the Java2 Platform1.2(試験番号310〜025)

試験時間 120分

試験形式 多肢選択式・記述式

合格ライン 61%(59問中36問正解)

有効期限 無期限

試験範囲 クラス定義とアクセス制御・制御文と例外処理・がーべじコレクション・Java言語の基礎・演算子とデータのメモリ割り当て・オーバーロード、実行時のデータ型・スレッド・Java.awt バッケージレイアウト・Java.langバッケージ・Java.utilバッケージ・Java.ioバッケージ

・1.2に合格した後、1.4へのアップグレードを望む場合、Sun Certified Programmer for the Java2 Platform Upgrade Exam(試験番号310〜036)を受けて、合格することで、1.4のSJC-Pとして認定されます。試験内容は1.2と1.4との差分の試験であって、その分試験時間などは短くなってィいます。なお、この場合の資格の有効期限は1.4への合格後2年間となります。

試験時間 75分

試験形式 多肢選択式

合格ライン 51%(33問中17問正解)

有効期限 2年間

主催 サン・マイクロシステムズ株式会社

申込方法

1、オンラインで「認定試験受験チケット」を申し込んで、試験料を振込みで支払いいただきます。振込み控えを郵送して、またはFAXで送信することもOKです。 試験チケットが送付されてきたら、アール・プロメトリック株式会社のテストセンターに連絡して、テストの日時を確認して、決定してください。

2、試験料を振り込んで、振り込み控えと「認定試験受験チケット申込票」(サイトから「認定試験受験チケット申込票」をダウンロード)をFAXで、または郵送することもOKです。受験チケットが送付されてきたら、アール・プロメトリック株式会社のテストセンターに連絡して、テストの日時を確認して、決定してください。

・テストセンターの連絡先はアール・プロメトリック株式会社のサイト(http://www.prometric-jp.com/)内「テストセンターをさがす」へ

テストに関する問合せ先‥サン・マイクらシステムズ株式会社

電話番号:03-5717-5000

メール:suncenter-j@sun.co.jp

URL:http://jp.sun.com/

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED