IT コンサル資格とは


IT コンサル資格とは
コンサルタントとは各業務分野における主要アプリケーションについてのコンサルティングの技能を認定する世界共通の資格です。IT コンサル 資格のコンサルタントは各製品、各業務領域(会計、生産管理、流通、人事、テクニカル、CRM)ごとに認定資格があります。

私の目に見れば、コンサルタントは国家資格があるわけではないので、仕事の内容も様々なようです。主な用は経営者とITによって、業務の内容をどんな方法で加速できるかを提案します。簡単に言えば、中小企業の経営とIT化のお手伝いをするでしょうね。

私もウェブに関わる仕事を務めていますが、確かに現在はITに関する知識をしっかりマスターしている者はが多くありません。

と言うことで、IT コンサルタントなる業種が成り立つ理由も理解できるでしょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED