MCP資格試験(70-293)


MCP資格試験(70-293)
このページでMCP資格試験(70-293)について、作者が実際に自分が勉強する時使ったテキスト、勉強方法、そして資格取得するためのポイント、問題情報、試験の経験を下記のように紹介したいと思います。

資格概要

MCP(70-293)というのは、マイクロソフト ウィンドウズ サーバー2003のネットワークインフラの計画、及び保守関連の知識が問われる資格です。

MCP(70-293)資格は、ネットワークシステムに関する科目の資格です。

MCP(70-293)資格はMCSEの必要となる科目のゆえに、MCSEの資格取得を目指す人はこの資格を取得しておかなければいけません。

試験を受ける前提条件、年齢などに関係なく誰でも受験することができます。

テスト時間は185分に決まっています。

※テストの途中で退席できます。

受験料は15,750円(税込み)になっています。

この資格を取得できたら、MCP(マイクロソフト ウィンドウズ サーバー)に認定されます。

追加ですが、MCPに認定されたいと思うなら、マイクロソフト社が用意している数十個の資格に一つでも資格を取得することで認定されます。

マイクロソフト社が用意している資格にはMCSE、MCSA、MCDBAなどがあります。

MCSEとは、マイクロソフト社が認定する体系技術者、MCSAとはマイクロソフト社が認定する体系管理人の位置付けです。

MCSE資格認定を受験するためには、指定された7個のMCP資格を取得しておかなければいけません。

また、MCSAは指定された4個のMCP資格を取得しておかなければいけません。

筆者は、MCP(70-293)資格を受けるための勉強によって、ネットワークの知識(DMZ、DNS、NetBIOS ファイアウオール、プロトコル)、セキュリティの知識(VPN、IPSec、MBS、証明機関(CA)公開キー基盤(PKI))を身につけることができました。

ウィンドウズだけではなく、体系技術者にとって必要とする知識はネットワークの知識、クセキュリティの知識も含めています。

資格勉強で知識を覚えることができて、非常に有効な資格だと思います。

参考書/問題集

筆者がこのホームページの「資格取得テキスト」でも記載しているように、学習する前にどの問題集が一番役に立つのかを時間かけて探す必要があります。

筆者がこのホームページの「節約できる資格取得方法」でも記載しているように、どうすれば時間かからずに資格を取得できるのかを調査してから学習方法を決定するのです。

できるだけ時間を節約し、残った時間を趣味や子供と遊んだり、あるいは次の資格への学習時間として利用したいものです。

問題の数は180問以上ありますので、少なくとも二週間前からやっておきたい問題集です。

また、ほたの問題集より多くのことを含めて、模擬問題が18問ほどあります。お薦めです!!


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED