ccna 資格取得について


ccna 資格取得について
CCNA ネットワークの専門家に向け!頑張れば、きっと資格が取られます!

この文章はCCNAの資格取得に成功した体験記です。

ネットワークエンジニアへの踏み台であるCCNAにパスするコツを教えることができると思います。

私はインターネットデータセンター(別名IDC)のセールスマンです。 大体10年前に、家庭にブロードバンドが普及し始めて、インターネットの商業用が流行してきました。

ですから、企業は先を争うように、インターネットでビジネスをしはじめました。 ECなどのインターネットはとても人気がありました。

企業は、インターネットを利用して、一年中の安定稼動できるサーバ環境が必要になり、自社のIT系のシステムを設置する場所としてインターネットデータセンターのホスティングやハウジングサービスを利用するようになりました。

営業の時、サービスのコンテンツを解説するまではよいのですが、ネットワークの詳しいことや顧客のシステムをデータサンターへ移す時の打ち合わせになるとネットワークの基本的な知識がないからとても無理です。

どうすればいいか自分も知らなかったです。そんな状況ならお客さんに信頼されなかったです 。いつも自分のビジネススタイルに頭が痛いです。

そんな時期、CCNA資格を知りました。 「CCNA認定資格を取ると、ネットワークの基本的な知識とスキルを持っていることを証明できるし、認知もしてもらえる」と考えたのです。

また、たくさん調べているうちに、資格試験に合格すると、理論の知識だけではなく、実際のルーティングの設定をするようなシミュレーション問題に合格しなければなりません。つまり、CCNAのステータスを取るには、基本的な知識も実践力も身に付けなくてなりません。

CCNAの資格を取るには、私はすぐに、学校を探して、夜や休みを利用して通い始めました。そして、2ヶ月の勉強を通して、合格できました。エンジニアでなく、セールスマンである私は一発で成功しました。それに、相対的な高得点でした。

CCNA資格をとった後、担当の教師は、「よくできた!ハイスコア!」と私を讃えました。このブログでは資格を取る経歴を紹介しました。CCNA試験に合格することを目指す人はご参照できると幸せです。

このブログは、個人のブログです。個人の意見を含むことがあります。 ありがとうございました。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED