資格攻略アイテム紹介(CompTIA)と練習問題


資格攻略アイテム紹介(CompTIA)と練習問題
CompTIA A+ IT Technician Exam(220-602)

第2版、やっとでました! A+新しいテキストと練習冊の本!

ここでいくつかのお勧めのテキストと問題集を紹介いたします 。

新しいテストでは、2科目(必修科目220-601と選択科目220-602,220-603,220-604)に合格して、A+に認定されます。

CompTIA A+試験の科目

私は、何の選択科目を選ぶのかがきになるところだと考えていますが、 管理人は「Essentialsの試験 」「IT技術者試験」でA+試験に直面するのが合格へのファーストトラックだと考えています。

3つの理由があります。

一、まず、今、日本語で受験できる科目は、「 Essentialsの試験」、「IT Technician試験」だけと言うことです。

二、CompTIAのサイトにあるテスト範囲を決定するために、両試験ともに若干、相違しているテスト範囲はありますが、多くの部分で共通です。

実際のテストでは、「IT技術者試験」、「Essentialsの試験」の問題が出題されたという報告に合格する体験記の中でうけております。

両テストがどんな感じのテストなのかを簡単に説明しますと、次のようです。

「Essentials」 PCを構成するハードウェアやOSに関する一般的な知識についての質問のテスト

「IT技術者」 「 Essentials」のコンテンツについての深い知識についての質問でテスト

CompTIAの のサイト上でも「IT技術者」を受験する前に、「 Essentials」に値する知識やスキルを身につける上での受験することをお勧めします。

「IT技術者」では、お客さんとの連絡を持つエンジニアの業務(エンジニアリングサービスおよびサポートエンジニア)に必要とされる実践的なスキルを評価するだけあって、「第八章コミュニケーションおよびプロ意識」の出題比率が高くなっています。

「IT技術者」テストは、「 Essentials」のコンテンツをもっと掘り下げたコンテンツが試験問題を出します。

三、「Essentials」、「IT技術者」試験用のテキストや問題集が市場で販売されていると言うことです。中にはお勧めたいのは、 CompTIA認定資格で数多くのテキストと問題集を手がけるTAC出版の参考書です。

市場で販売されていると言っても、A+テストのテキストと問題集は少なく、学習テキストとしてこのTAC出版の参考書が唯一の選びになるかもしれません。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED