MCTS、MCITP、MCPDは有効期限がある


MCTS、MCITP、MCPDは有効期限がある
資格者が最新VersionのMicrosoft technologiesに対応する関連技術を証明できるように、Microsoftの新たな資格体系を構成したMicrosoft Certified Technology Specialist(MCTS)、Microsoft Certified IT professional(MCITP)、Microsoft Certified Professional Developer(MCPD)三つの資格には、Lifecycle Policyを設定する。

取得した認定資格(MCTS、MCITP、MCPD)は、Microsoftの関連TechnologyのMainstream Supportが終わると失効する。一般にMainstream Supportは、製品のReleaseが始まる後やく7年から10年(有効期限)で完了する。Supportが終わると、そのTechnologyに対応した認定資格も失効する。

•Microsoft Support Lifecycleの詳しいことについて

取得された認定資格が失効すると、資格に関わる記録はTranscriptの無効資格Sectionに移る。Microsoft製品Technologyに関する 経験記録が保存できる。資格が失効した後は、資格に対応する認定証とロゴを作成およびDownloadできなくなる。これまでに受かる全部の関連試験は、今Transcriptに記録した合格試験の一覧に残る。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED