CCNA再認定に関して


CCNA再認定に関して
シスコキャリア認定のうち、特に100ノード以内の規模が小さいネットワークにとって、LAN、WAN、およびダイヤルアクセスサービスのインストール、設定、運営に必要な知識とスキルを需要られています。具体的には、IP、IGRP、シリアル、フレームリレー、IP RIP、VLAN、RIP、イーサネット、アクセスリストおよび他の技術やプロトコルの知識が必要です。

同じテストは 2003年6月に改訂することが公開されて、2003年10月1日から、新しい試験(日本語版)の受け付けを開始しました。ここでは、新たな試験に基づいて説明します。

CCNA試験は一回の試験で試験範囲内のすべてを問われる種類(試験番号640-801J)、および二回にテスト範囲が分かれているタイプ(試験番号640-811Jおよび641-821 INTRO)の2種類あります。

試験方法:オンライン試験

テスト時間:60-90分(テストによっては違います)

合格結果:テストが終わりますと、すぐに画面に表示されます

試験料:テストによっては違います

試験場所:全国

有効期限:三年

表1 CCNAの試験情報

再認定の要件

CCNA資格は3年間有効の資格であり、再認定を受けるには、次の3つの条件のいずれかが満たされる必要があります。

CCNA試験(640 - 801Jまたは641-821イントロ)を再受験し、合格します。

CCNP、CCDP、CCIP、CCSPのいずれかの資格を取得するか、シスコ認定スペシャリストの資格を取得するプロレベルの試験

(試験番号642で始まる)、またはシスコ認定スペシャリストの試験に少なくとも一つのレベルでも合格します。

試験内容

テスト内容の詳細については、Cisco SystemsのWebページにあります。ここでは簡単に紹介します。詳細については、それぞれのCisco Systemsのテストページをご参考してください。

計画/設計

実装/運用

トラブルシューティング

技術

ただし、受験をするには、同社は以下のトレーニングを推奨しています。

1、Interconnecting Cisco Networking Devices(ICND)

2、Introduction to Cisco Networking Technologies(INTRO-J)


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED