CCNA問題集で最短合格


CCNA問題集で最短合格
CCNAとは?



CCNAとは、シスコ システムズ社が主催するネットワーク関連の資格です。(認定ネットワーク アソウシエイトの略称)。情報処理エンジニアテストのネットワークエンジニアと比べると、CCNAはシスコ社のルータなどネットワーク機械に基づいていたテスト問題なので、もっと実践的と言ってもよいです。なお、CCNAはベンダー資格で、エンタープライズではすぐ使える戦力になれるので、高く評価されています。難易度はCCNAが初級、CCNPが中級、その上にあるのはCCIEという上級資格です。インターネットがこれよりさらに世界的に広がっていくことを考えると、なかなか前途有望な資格と言えるでしょう。CCIEを取得して、それなりの実力があれば、就職が難しいこの時代にも心配しなくていいでしょう。

受験資格は特に制限がありません。誰であろうと受験料を払えば参加できます。受験料は$20〜$65で、45〜90分で40〜120問です。テストが1つだけではなく、いくつかのテストがあるのでこういう図表で記載することになっています。(詳細については、正式なサイトをご覧ください)

ネットワークでテストを受け取るのは気が楽ですね。自由な時間で受けられますから。

CCNA問題集を選ぶ方法

問題集の値段は高いとしても、最新のものを買いましょう。古い本を買っても、テストの内容が変更したら何の意味もありません。改訂確認を忘れないでください!それから基本ですが解説がちゃんとついているもの。自分がよく読んでみて、感じがいいものを選びます。また、図がいっぱいつくもの。やはり文字ばかりより、図があったほうが視覚的にイメージできて覚えやすいです。それから必ず問題集を二冊やることです。メモリーの仕組みによりますとやったことを48時間以内に復習しないと、ほとんど忘れてしまいます。そして、人に教えてください。 対象がいなかったら、中学生に家庭教師で教えている場面を想像しながらやってください。自分がよく分からないところを見つけるし、脳のほかの部分を使用するので、メモリーが定着します。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED