マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)


マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)
マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)

実践的なスキルとマイクロソフト製品の幅広い知識を認定するための世界中に同じ資格です。いずれかのMCP認定プログラムの一つのコースにパスするとMCPとして認められます。

資格の要約

Windowsに応じるアプリケーションの活用およびクライアント/サーバーとイントラによるネットサーバーを再構築する同時に、専門知識に詳しい技術者を高く評価しています。 MCPは、これらの専門家のスキルをマイクロソフトが証明して、認証システムです。

資格に合う方々

マイクロソフト製品に詳しくて、ユーザーのサポートとそれを生かすことができるエンジニア。

資格に必要な条件

必要な科目の数:一つのコース

MCPの資格を取る好さ

MCPの資格を取るには、たくさんの好さがあります。

研修に参加すること

•マイクロソフト認定ラーニングソリューション パートナー(CPLS)

Microsoft Certified Partners for Learning Solutions

Microsoft CPLSでは、MCPのサポートへのコースを受けられます。

CPLSのリスト

•マイクロソフトIT Academy

マイクロソフトIT Academyはマイクロソフト認定プロフェッショナルとマイクロソフト オフィス スペシャリストの学校教育機関として認定されたものであります。

E -ラーニング

教材と書籍をもって勉強すること

Microsoft Press

CPLS材料の開発

そのほか

MCPのプラクティステスト 

オフィシャルマイクロソフト学習製品(OMLP)

MCPのテスト

プロメトリック会社によって維持されています。

テストは月曜日から日曜日まで毎日行われています。テストサイトによっては営業日は異なることがありますから、ご注意ください。

MCP:テストの情報

MCPをよりスキルが高く、プロが高いサービスにしましょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED