PMP教科書は一番良い参考書


PMP教科書は一番良い参考書




 

下記は本書の内容の紹介です。

4500時間、或いは7500時間以上のプロジェクト・マネジャーとしての実務経験を通して、一定のテスト条件を満たせば、PMPテストを受けられると言われます。相応の知識もテストに合格する要件として、欠けられないのは当然のことです。

PMPテスト対策にフォーカスした参考書として、「PMP教科書」はPMPテストの社内研修/セミナーや実務経験などの程度で受験の準備をする方には一番相応しい教科書です。

本書では理解の仕方や重要なポイントが丁寧に説明され、受験の情報が色々収録されてあり、合格する方法もいっぱい掲載されてありますので、この1冊だけでは、受験の準備は万端でしょう。

そして、どんな問題を出題するのかを分析したり、どの内容が重要のポイントかを説明したり、実作についての質問を正しく解答するための考え方など、PMPテストの武器として、力を尽くし、役に立てる内容が提供されます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED