MCP対策テキスト/参考書


MCP対策テキスト/参考書
 MCP対策になる書籍(本国だけ)のガイドです。

私は全部の参考書を読んだことではありませんから、説明はかなり偏ったことがあるかもしれません。

テキスト一覧(簡略表記)

レッドブック; ホワイトブック(A4サイズ); ホワイトブック(テキスト); ブルーブック; トレキ ;ブラクブック; グリーンブック; 黄本 ピアソン; リソキ ;iStudy

1、レッドブック(翔泳社) MCPの教科書なら、これ!

内容があまり詳しくない場合も多いが、相応テストの全体像を把握できます。

しかし、要求される前提知識を説明します。 試験対策としては非常に良いです。

2、ホワイトブック A4サイズ(リックテレコム) 「戦略ハンドブック」という書籍名。

MCSEの一部の試験しかに対応しない本ですが、NTトラックからの移行試験(70-240)対策が出版されている点がよいです。最も、あまりに単純な問題は多く、直接の試験対策になる可能性が小さいです。

3、ホワイトブック(リックテレコム)

「戦略ハンドブック」の参考書版

正式名称は「MCP/MCSE標準テキスト」日本語で書かれたものですから、分かりやすいです。

ただし、コンテンツの不足で、それだけでは合格することは非常に難しいです。

あくまでも入門書として位置付けます。

4、ブルーブック(日経BPソフトプレス)

「MCSEスキルチェックのコレクション」

内容も解説も相当よく、スキルチェックとして推奨されます。

確認用のCD-ROMも本番形式に近く、かなり楽しいコンテンツです。

5、トレキ(日経BPソフトプレス)トレーニングキットの省略名です。

MCPだけでなく、試験対応内容の学習には王道。

説明、および操作のバランスは非常によく、正式な学習には良いです。

実践を重視する人におすすめします。

6、ブラックブック(IDG社)

時代はNTのトラックですが、評判に応じる本ではありませんが。

NTトラックの確認をするには、この本をぜひ使用する必要があります。

7、グリーンブック(IDG社)

「MCP直前必修問題集」(試験科目によっては、最も愛読者がおおいらしいです。内容はかなり断片化されました。または仕方がないですか?

8、黄本(インプレス)

「MCSE完全マスター」。

いわゆる参考書タイプで、2000年トラックの初期の書籍です。トレキと比較して、多くのミスがあるが、ある程度読みやすいです。

9、ピアソン(Pearson Education Japan)

「MCSEの完璧なテキスト」

MCP系は、通常カラーブックと言うことができるが、これは白と青色のカバーで、一般的な略語(多分)がありません。

トレキと同じサイズで、参考書タイプで深遠な内容があります。

画像説明が多くて、比較的に読みやすく、理解しやすいです。

10、リソキ(日経BPソフトプレス)「リソースキット」の省略名です。

世界を入力するには、 この本は欠かせないアイテムです!

CD - ROMには、特別な管理ツールの多くが含まれて、MCP対策より、管理者にはもっと役たちます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED