IT業界で人材紹介にはciw資格が必要!


IT業界で人材紹介にはciw資格が必要!
  現在のIT業界で人材紹介にはciw資格が必要ではないでしょうか。

  IT技術力はもはや追求するものではなく、当然に持っているものだと言うのが適当かもしれません。CIWはCertified Internet Web Professionalの略語で、人のIT能力をしっかり向上させ、そのレベルを確実に証明する基準です。

  これまでのCIWがアメリカ プロソフト トレーニング社から開発され、1998年以来行われていました。CIWは情報化社会の要求を迅速に確認し、インターネット技術者の能力を認定する総合教育課程とされます。CIW資格は特定ベンダーの技術や製品に片手落ちのない中立性が目を引かれ、あっと言う間に、世界中で普及しました。そして、技術者が多くなって来ました。

  CIWは日本における活動が2001年4月にプロソフト トレーニング ジャパン株式会社が設立されることにより、日本での正式的な導入活動がスタートしました。

  例えば、大学や専門学校などでの教育機関へに導入したり、全国で政府の構造改革40特区においての民間資格を認定したり、IT人材の育成、雇用の促進、産業の振興などの政策として、採用したりする活動など。  

  CIWの特徴は下記の通りです。

  経済産業省の『ITスキル標準』に対応すること

  世界中70カ国以上で利用され、パスした人が13万人くらいこと

  特定ベンダーに関わらず中立ベンダーな資格こと

  職業種類により分かれたジョブロール・ベースな資格こと。

  大手企業が社内研修の1つ内容として採用されること

  

    CIW教育課程はIT利用者の専門家とIT技術者の専門家を育成する教育課程と言われています。

  IT利用者の専門家として入社する前に必要な知識を勉強できるのはCIW教育課程の原点です。それと同時に、IT技術者の専門家になるべくへの道の原点として、位置づけられています。 

  CIWは、就職を考えている人とか、転職や昇進をするつもり人とか、豊富な経験のある専門家とかなど、自分のIT技術力を証明しようと思っている人々に利用されています。  


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED