MCP資格試験のシュミレーション問題について


MCP資格試験のシュミレーション問題について
  MCPの試験(70-290)について

  資格内容
  MCP(70-290)は、Microsoft Windows Server 2003 において 環境の管理及び保守などの知識が問われる資格です。

  MCP(70-290)資格は、選択問題及びシュミレーション問題(オペレーション)で構成されています。

  テストを受けるには前提がありません、年齢に関わらず、誰でも受けるチャンスを得られます。
  テスト時間は215分を規制しています。
  ※テストの途中でも出来上がったと思うなら、退場することが可能となります。

  テスト代は定額の 15,750 円(税込)となります。

  またには、MCP(Microsoft Certified Professional)からこの資格を獲得することを認定されます。

  補充ですが、Micfosoft 社が持ってしているすべての資格中のただ一つでも合格した場合にはMCPに認定されるということとなります。

  Microsoft が MCSE、MCSA などの資格を持っています。
  MCSE、MCSA というのはは Microsoft にも認めされているシステムエンジニアとシステムアドミニストレータのことを指します、

  ところが、MCSE、MCSA などの資格に目指している方々は絶対にMCP(70-290)を取得しないといけません、なぜなら MCSE、MCSA などの資格は MCP(70-290)の上位資格だからです。

  参考書/問題集

  作者はこのホームページの「資格取得教材」にも書かれている通り、この資格を取ろうとするなら、始める前にはどのような書類が一番早いルートに導くことが出来るのを相当時間を費やして探しました。に

  作者はこのホームページの「節約出来る資格取得方法」に書かれている通り、どんな方法を使って時間を節約し、そして この資格を取れるのも確保できるのが、やはり検討した後から勉強を始めた方がよろしいです

  話が長くてすみません、本題に参ります、、私の調べによると、ここでどうしても 推薦しなくてならない、より良い勉強参考書類はクラムメディア社から提供されている70-290 Managing and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Environment です。

  上に書いた参考書類は選択問題(330問)の他にはシュミレーション問題(23問)もあります。

 


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED