何故、mcpシステムエンジニアがそんなに人気があるか


何故、mcpシステムエンジニアがそんなに人気があるか
  MCPはマイクロソフト製品の実践的スキルと豊富な知識を認定するための世界共通資格です。いまや、世界中150カ国で実施されていて、すでに150万人以上の人(日本においては10万人以上)がMCP資格を取得しました。ここ数年来、資格取得者の数の傾向から見ると、MCPがシステムエンジニアの必需資格となったと言っても過言ではありません。

  何故、MCPがこんなに人気があるかと言うと、大きく分けて以下のような二つの理由があります。

 1:特定技術を学習する想定目標として

 2:自分の能力を証明し、仕事を有利にするものとして

  理由2から言うと、取得者数が少なければ少ないほど市場価値が高く、即ち:「売れるエンジニア」と看做されます。

  


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED