mcp 資格の試験問題


mcp 資格の試験問題
  MCPとは

  マイクロソフト認定技術者のMCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)は、マイクロソフト製品についてのスキルと知識をエンジニアが身に付けることを証明する資格です。 MCPは、相対的にベンダーの中で流行しています。これは、次の原因と挙げられます。

  マイクロソフト製品に関する技術者のニーズの拡大

  MCPの一つのコースに合格すればMCPを名乗れる敷居の低さ

  各技術分野に設定された上位資格によるプレミア価値

  例として、Windows 2000トラックを挙げよう。 70から215の試験「Installing, Configuring, and Administering マイクロソフト Windows 2000 Server」をパスすれば、MCPとなる。このテストは Windows 2000 Serverの単一の製品知識を習得していることの証明です。

  70 - 210試験「Installing, Configuring, and Administering Microsoft Windows 2000 Professional」と70-218試験「Managing a マイクロソフト Windows 2000 ネットワーク 環境」の二科目を取得し、設定された選択科目の一つをパスすれば、上位資格であるMCSAを自動的に認定されます。 さらには、MCSE(マイクロソフト認定システムエンジニア)が利用可能です。したがって、そこのMCP試験の特点は、間口の広さと深さです。

  MCPの資格情報の値

  しかし、近年、場合でも、個々の製品知識を知っても無駄になる場面もあります。もちろん、MCPのテストも考案されています。よくいわれる「資格があっても役に立たない」と主張するつもりはない。試験MCPは、MCPの名誉のために、MCPがどれほど有意義かを記しておこう。

  現実の世界で多くの問題に直面して... ... MCPの試験問題は現実の問題を映しており、MCP試験は実践的な研究にいいです。逆に、ある場合で、十分な経験を積んだエンジニアは、あまり試験問題を学ぶことなしにMCP試験に合格することができます。

  


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED