CompTIA サミット 2010、認定資格を取りたい皆様へ


CompTIA サミット 2010、認定資格を取りたい皆様へ
 2010年1月22日(金)、comptia日本支局が「CompTIA人材育成サミット2010〜"勝てる"スキルの条件〜」を開催した。

 富士ゼロックス東京株式会社は、人材育成施策の中でいつもcomptia認定資格を活用している。今回のサミットでは、富士ゼロックスの福士様から、同社の事業を維持するCustomer support人材の育成に関する計画や発想についての基調講演をいただいた。

 しかも、「CompTIA Japan ITSC 2009」審査結果と総合評価についての講演が、毎年の行事としての「CASP(CompTIA Authorised Service Provider)」の表彰と講演に加えられた。

 今年、英国支局からのCompTIA Vice President(CompTIA米国本部と国際代表として)が私に参加させていただいた。たくさんの方に出会いができて、それに平時ご挨拶をすることができない皆様にもご挨拶ができた。私は大変うれしくなった。

 定員は80名だけだが、参加しようと思う者が多くて、100名こそこその皆様が入場した。当日、座席の数が足りないで、皆様には、大変申し訳ない。改めて、お侘びとご参加の礼を申し上げばいいと思う。心から感謝する。  

 当日、講演を発表した皆様には、ここで改めてお礼を申し上げる。心から感謝する。

  


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2017 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED